ロゴの意味

屋号の「CO-KOROZASHi WORK(ココロザシワーク)」の『志』は、自分の名前から取りました。僕が一番好きな漢字でもあります。父から受け継ぎ、我が息子へも託しつなげた大切な一文字です。

ココロザシのアルファベット表記は通常“KOKOROZASHI”ですが、最初の文字を「CO-」、最後の文字を小文字の「i」としています。「一人の中に灯る炎という情熱は最初小さく静かだけど、それが共感の渦となり広がりを見せていくことで、大きなうねり・熱風へと変化する。新しい時代の中で過去に縛られない仕組みを生み出すために、熱い志を持った小さな個人をぜひとも手助けしたい!」そんな想いを込めました。

ロゴのカラーが右「i」から左「CO-」へ赤色がグラデーションしているのは、小さな個人「i」の熱量がやがて同じ志をもった仲間「CO-」へと少しずつ熱伝導していく様を表現しています。

事業内容

CO-KOROZASHi WORKで取り組んでいきたいこと。

それは、個人の中で気づかれていない情熱の火種を「伝わるように」「伝えていく、届けていく」こと。出会いのきっかけをつくり、その先にある「笑顔や幸せにつなげていく」こと。これこそがCO-KOROZASHi WORKの最上位のビジョンです。

伝えたい人がいて、それを求めている人がいる。でも情報洪水という発信したものが砂一粒にしかすぎない現代では、残念ながら個人の小さな声は届きづらくなっています。その声は確かに存在している。でも気づいてもらえない、見つけてもらえない、受け取ってもらえない。そういったマッチングの課題感を一緒に解決させていきます。

代表プロフィール

Windows 98最盛期に社会人デビュー。文系大学卒業後、コンピュータ未経験からSEとして就職するも、理系思考のクールな社内文化に馴染めず2年で挫折。しかし感性の自由が許されるデザイン好きが高じ、たまたま手掛けたWEB制作というインターネットの世界に、股間が冴羽獠になるくらいの興奮を覚える。

WEBデザインやらコーディングを独学にて習得。その間に自主制作したサイトが話題となり、IT雑誌『日経ネットナビ(現在廃刊)』にも取り上げられる。それを機にWEB業界へ念願のキャリアチェンジ。

最初は時給制のアルバイトからスタートするも、後にベンチャー企業や一部上場企業のWEB担当も務める。強みは、教育・化粧品・食品・ITなど異業界を幅広く渡り歩いてきた場数力。「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。」とはダーウィンの言葉。変化が速い現代では、この柔軟な環境適応力こそが、結果最大の武器となっている(気がする)。

WEBデザイナー歴6年、WEBディレクター兼プランナー歴13年。またマネージャーとしてスタッフの採用や教育のほか、チームビルドやプロジェクト内の雰囲気作りなんかもわりと得意。人との出会いが多い取材コンテンツ制作ものは好き、ってか人が好き!

人生の学び直しとして、2018年には自分の専門外領域だったファイナンス系の分野で国家資格の『ファイナンシャル・プランナー(FP)』を取得。また調子に乗って、銀行員の登竜門とされる『預かり資産アドバイザー』も続けて取得。これまでのWEB業界の経験とファイナンスの知識を融合させて、熱いココロザシを秘めた小さな個人を絶賛応援中。

プライベートでは残念ながら離婚を経験し、人生の苦しみを一度経験していることから、当時の自分と同じような苦悩の最中にある人や挫折経験者の「未来の生き方支援」がしたく『100年時代における人生再設計“志”』というテーマを掲げて活動中。

特に、人生の折り返し地点を回りつつある不惑どころか迷える40代の中年羊たちを応援したいというのが、それこそ我がココロザシでもある。

  • ニックネーム:たかぴ
  • 出身:千葉県生まれ柏市在住
  • 年代:寅年45歳の牡牛座
  • 性格:B型のクリエイティブ(変人)気質
  • 好きなこと:温泉、読書(思考・哲学系)、よく歩く旅、恋の相談を受けながらのお酒、チョコレートと納豆
  • 嫌いなこと:真冬の早起き、女の子にチヤホヤされるお店、ネギとパクチー
  • 将来の夢:①フリーアドレスな生き方②島ぐらし③新しいビジネスモデルで仲間と何か仕掛ける
  • 好きな言葉:変化を愉しめ
  • 死生観:死に様こそ生き様

ブログ

つれづれなるままに、日暮らし、noteにむかひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ、的なことを綴っています。

ゼッタイ読まないでください。入るな危険!
https://note.mu/cokorozashi/archives

お問い合わせ